ワールドインテックロゴ

〒105-0021
東京都港区東新橋二丁目14番1号
NBFコモディオ汐留4階
Tel: 03-3433-6621
Fax: 03-3433-6811
営業時間: 土日・祝日を除く 9:00〜18:00

木下英樹

Javaプログラマー 木下 英樹

2016年4月入社のJavaプログラマーとして活躍している、木下英樹さんにインタビューしました。

木下さんは、日本大学理工学部を卒業。
その後、大手SI企業に就職して、COBOLプログラマとして、エンジニアのキャリアを進みました。

今回、木下さんに、就職活動の際に、何がワールドインテックに入社すると決めるきっかけとなったのか、また1年働いてみての感想や、将来の展望についてインタビューしました。

入社の決定要因

COBOLプログラマーは、COBOLの仕事の道を進むしかない。
大手SI企業に、新卒で就職された木下さんは、Javaの魅力に気づき、Javaプログラマーとしてのキャリアを希望。
しかし、COBOLプログラマーとしての経験しかなかったため、転職に苦戦します。

それで巡り逢ったのが、ワールドインテックSI事業部です。
ワールドインテックに入社を決めた要因は、Javaプログラマーとしての仕事を用意してくれたことが一つ。
また、会社自体は大規模であるものの、SI事業部は小さな部署だったので、これから成長していく部署ということで、部署の成長も担っていける。

やりがいと、将来性を感じて入社を決められたそうです。

仕事について

OracleのJava研修を受けた際に、優秀な一流のエンジニアは自ら情報発信していくものだという事を痛感されたそうで、それを機に、社内でJavaの勉強会を立ち上げて主催されています。
そのような、自分から積極的に活動することを、会社が応援してくれて、且つ、感謝もしてくれる。
「エンジニアを大事にしてくれる会社」と感じていらっしゃるそうです。

今後の展望について

現在では、単なるプログラマーではなく、プロジェクトマネジメントも任せされている木下さん。
全体を見ながら、業務を進めないといけないという、責任の大きさを感じつつも、権限が大きくなったことで、更にやりがいを感じていらっしゃるそうです。

今後も、ますます、積極的に業務に、またSI事業部の成長に関与されてたいそうです。

[前のページに戻る]